転職 銀行/ 副業について

銀行員の女性の転職先でおすすめはある?実例まで含めてやさしく解説!

  1. HOME >
  2. 転職 >

銀行員の女性の転職先でおすすめはある?実例まで含めてやさしく解説!

こんにちは、元メガバンク行員で現在はフリーランスの小林(@ko8ya4)です。
小林
新人行員
実は同じ職場の女性が転職で悩んでいて...転職先におすすめはあるんですか?
女性の転職先と一口に言っても、総合職なのか一般職なのか、年齢によっても変わりますよね。本記事で年代別の転職先までやさしく解説しますね!
小林

銀行員の仕事が辛いため、転職したいと考える女性はたくさんいます。

しかし転職活動が上手くいくのか、転職して後悔しないかなど、転職に対する不安は様々です。

仕事が嫌でも転職活動に対する自信が持てないため、我慢して銀行員を続ける女性は珍しくありません。

そこで本記事では銀行員女性の転職について、実態や進め方などを解説します。

銀行員からの転職を考えている女性は、ぜひご一読ください。

銀行員にむいてないかも...と悩んでいる方はこちらもチェック

銀行員に向いてないと考える方必読!元メガバンカーが気持ちに向き合う方法を解説

本記事のまとめ

  • 銀行員女性は転職市場で強い
  • 転職の理由で多いのは、一般職なのに営業をしなきゃいけないから
  • マイナビエージェントが女性の転職にはおすすめ!

銀行員の女性は転職市場で強い

転職活動を検討する際に気になるポイントとして、転職市場での需要が挙げられます。

自身は転職市場で通用するのか、すなわち転職先が見つかるのかという不安を感じやすいです。

しかし銀行員の女性は転職市場で強く、転職先は比較的スムーズに見つけられると期待できます。

企業の人事担当は職歴などから、応募した求職者がどのような人か想像をします。そして銀行員の経験がある女性は、以下の印象を持たれる傾向が強いです。

  • 几帳面そう
  • 数字に強そう
  • 事務職のスキルが期待できそう

上記3点が求められる職場においては、すぐにでも来て欲しいと思われる好印象を持たれるでしょう。

なぜ銀行員の女性はこのような印象を持たれるのか、具体的に解説します。

几帳面との印象を受ける

銀行員の経験がある女性に対しては、几帳面との印象を受けるケースが多いです。

その理由として、銀行員の仕事内容や求められるスキルが挙げられます。

銀行員の仕事には以下の特徴があります。

  • 煩雑かつ細かな作業が多い
  • 非常に高い正確性が求められる
  • 数字を間違えれば顧客に大きな迷惑がかかる

銀行員の仕事はとにかく細かい上、正確性が必要で些細なミスも許されません。

例えば、窓口の振込・振替では未だに銀行員が入金金額を手入力しているのが実態です。入金額を間違えてしまえば、企業の月末の資金繰りに影響がるため、会社の経営に大きな影響を及ぼすこともあります。

世の中には大胆さが求められ、ある程度の妥協が許される仕事も存在します。しかし銀行員の仕事は真逆です。

したがって銀行員の経験がある女性は細かな仕事に対応できる、几帳面な面が強い印象を受けるのです。

仕事を几帳面にこなす必要のある職場では特に高い評価を得られます。
小林

数字に強いという印象がある

新人行員
銀行員はお金を扱う職業だからね!

したがって銀行員の女性に対しては、数字に強いという印象を持ちやすいです。

数字を扱う仕事は、人によって得意不得意がかなり分かれます。性格的な理由から経験の有無など様々な理由がありますが、数字に抵抗のある人が慣れるまでは時間がかかります。

即戦力が必要とされる転職市場においては、仕事内容に対する相性の良さが求められやすいです。

銀行員の女性は仕事で数字を扱う経験が多いため、数字の扱いには慣れています。したがって好き嫌いは別として、未経験者と比べれば数字に対して強めです。

経理業務など、仕事で数字を扱う場面が多い職場では、数字に強そうという印象は強力な武器です。

数字への強みが求められる場所は多いため、転職市場で有利に働きます。

たいていの事務職には応用が効く

銀行員の女性は、事務職に強い印象も持たれやすいです。

そして銀行員として経験してきた事務作業は、実際にたいていの事務職で応用が効きます。

銀行員の仕事内容には様々なものがありますが、どのポジションであっても事務作業が発生します。

ひとくちに事務といっても作業内容は幅広いですが、銀行員が実施する事務作業は比較的スタンダードな傾向です。

もちろん銀行員ならではの業務内容もありますが、仕事の流れや求められるスキルなどは多くの事務職と共通しています。したがって銀行員の女性は、銀行員としての経験を他の事務職にも応用しやすいのです。

ただし、業務の特殊性・専門性が高い場合、別業界や職種には応用できないケースもあります。

銀行員の事務って複雑なものばかりですからね!
小林

銀行員の女性が転職を考える理由

悩む女性

銀行員の女性が転職を考える理由の例として以下の3点が挙げられます。

  • 総合職が辛い
  • 一般職なのに営業までやらされるようになった
  • 結婚をしたからもっと融通の効く職場がいい

それぞれの理由についてより詳しく解説します。

総合職が辛い

銀行の総合職が辛いため転職を考える女性は多いです。

銀行員は一般職に総合職に分けられ、それぞれ特徴が異なります。

一般職 ・事務作業を中心に特定の業務を行うケースが多い職種

・異動・転勤はほとんどない

・残業や休日出勤が少ないが、キャリアアップの機会も少ない

総合職 ・銀行における幅広い業務を行う職種。

・一般職に比べ高年収、将来は管理職への昇進が期待される。

・ノルマが厳しく異動・転勤の可能性も高い。

一般職より総合職の方が年収が高く業務の幅が広いです。キャリアアップの機会も得やすいため、仕事に力を入れたい人にとってはやりがいがあります。

しかし総合職に求められるノルマは厳しく、辛さを感じやすいです。

また異動や転勤の可能性が非常に高いため、安定した生活が厳しい面もあります。

総合職で求められる内容の辛さが理由で、銀行員から転職したいと考える女性は多いです。

新人行員
ストレスは確かに溜まる...

一般職なのに営業までやらされるようになった

本来必要ないはずの仕事まで求められたため、転職したいと考えるようになった女性もいます。

銀行における一般職の仕事は事務作業が中心です。窓口でお客様とも接しますが、お客様に求められた手続きを実施するのが仕事で、営業までは今まで必要とされていませんでした。

しかし近年は一般職の銀行員にも営業をやらせる銀行が増えています。

例として窓口対応時に、投資信託商品の営業を必須とするケースが挙げられます。

窓口に訪れたお客様に対して無理やり営業をするのは、お客様からの反感を買ってしまうリスクが高いです。中には興味を持って聞いてくれる方もいますが、営業に拒否反応を起こし強く抵抗するお客様もいます。

辛い反応をされてしまうと、どうしても心に傷を負ってしまいます。

営業をしたくないため一般職を選ぶ人も珍しくありません。それなのに営業をやらされては、当然不満の原因になります。

営業が求められるという理由で転職を考える人もいます。

銀行員の一般職が営業をしなければならなく未来は、2019年ごろからなんとなく話題になってはいたよね。
小林

参考:一般職、総合職と統合へ | 日本経済新聞

結婚をしたからもっと融通の利く職場がいい

結婚も転職を考えるキッカケとなる強い要因のひとつです。

男女平等主義が進められているとはいえ、結婚によって家庭を優先するようになる女性は多いです。

仕事と家庭を上手く両立するためには、仕事で融通を利かせる必要があります。しかし銀行員として正社員で働いていると、どうしても仕事に費やす時間が長くなります。

したがってより融通の利く職場で働くため、銀行員からの転職を希望するケースが多いのです。

特に総合職の方が、結婚を理由に転職する女性が多く見られます。

総合職は残業が多く仕事優先の生活になりがちな上、異動・転勤の可能性が高く融通が利きにくいです。

家庭とのバランスを取るのが難しいため、より融通の利く職場への希望が強くなりやすいのです。

銀行員を辞めたいとモヤモヤしている方におすすめ

銀行員をやめたいと思ったら?みんなのやめたい理由7選とその対策を徹底解説

銀行から転職した女性の方のリアルな口コミ

みんなの口コミ

転職活動が上手くいくのか、そもそも本当に転職するべきか不安に感じてしまう女性も多いでしょう。

転職について検討する上では、実際に経験した方のリアルな口コミが有用です。

実際にクラウドワークスでアンケートを実施し、3名の方からリアルな口コミをいただきました。

①【20代一般職女性】体調を崩してしまいました

  • 激務で体調を崩した
  • 事務職に転職
  • 金融からの転職としては「真面目さ」が評価された

「とても忙しい店舗+人員不足な店舗」に配属したことが理由です。お昼も取れず、トイレにもいけない環境でした。

そんな中、はじめて窓口を任されました。慣れない業務により、体調を崩す日々が続き、退職を決心しました。周囲からの厳しい指導に耐えられなかったのもひとつの理由です。

その後小さな会社の事務職に転職しました。心身ともに疲れていたので、少しゆとりのある職業に就きたいと思い、事務職を選びました。

転職では以下の項目が強みになりました。

  • 金融業で身に着けた管理能力:顧客情報の管理、書類管理などをアピールしました
  • コミュニケーション能力:窓口での接客経験を基にアピールしました
  • 真面目さ:金融業からの転職だと、信憑性が増します。

②【30代一般職女性】ノルマによる営業姿勢に疑問を持った

  • 銀行の営業姿勢に疑問を持った
  • 学校法人の事務職に転職
  • 転職したことは全く後悔していない

現在銀行は以前とは違い、ただ融資の案件や窓口業務だけを行う仕事だけでなく、保険や投資販売などのノルマが多く、お客様に必要でない手数料の高い商品を販売しなければならないことも少なくなかったのが理由です。

銀行に来るお客様というのは、高齢者が多く、必然的にあまり投資や保険の知識がない人に、そういった手数料の高い商品を売りつけることになります。

企業であるので利益を出す為には仕方の無いことではあったとは思いますが、目先の利益を追求しすぎていると感じ退職。学校法人の財務部事務職に転職しました。

銀行業務はただでさえ特殊なことが多いが、数字を読む力や、会社のお金の流れを一通り把握しているので、一般企業の経理や財務職には転職が有利かと思います。

③【20代総合職女性】もう耐えられなかった

  • 入社したはいいが毎日上司に稟議を投げられ、叱咤される日々
  • 大手コンサル会社に転職
  • 年収は当時よりも増え、忙しいが今の方が楽しい

銀行員になったのは、年収がそれなりにいいのとお客さまに向き合うのが楽しそうだと思ったからです。元々大変な業務だとは聞いていましたが、忙しさが辛かったというよりは、嫌な上司に当たってしまったのが問題でした。

毎日のように1時間近く𠮟咤され、正直生きる意味とか仕事をする意欲を失っていました。気付いたら朝起きるのが苦しくなり、そんな状況が1年以上続いたため、親にすすめられて転職を決意しました。

結果大手コンサル会社に転職でき、今の方が多分あの頃より忙しいですが、人間関係で悩むことも減り成長できているなと感じています。転職して本当に正解だったと思っています。

新人行員
結論、銀行員の強みを活かして転職は可能だということだね。
そうですね。後悔している人がいないこともアンケート結果からわかりました。
小林

実は銀行から転職して後悔している人は少ない

銀行から転職して上手くいくのか不安に思う人は多いはずです。転職によって待遇が悪くなる、転職を後悔するといった将来を考えてしまいます。

しかし実は、銀行から転職して後悔している人は少ないです。その理由として2つ挙げられます。

  • 若手銀行員の給与はそれほど高くない(特に現代は残業しにくい環境のため、残業代で稼げない)
  • 将来的には給与が高くなる可能性があるものの、現状課せられているノルマと給与のバランスが取れない

実際にTwitterでも「銀行員 転職 後悔」などで調べてみましたが、後悔しているとのコメントはほぼありませんでした。

転職した元銀行員に「待遇、給与下がってますよね?後悔してるでしょ?」みたいな質問をしている人を見るが、

1,若手銀行員の給与は決して高くない(今は残業抑制でより厳しい)
2,将来の給与増を捨てでも転職したくなるノルマ

だからかTwitterで転職を後悔している若手銀行アカはあまり見かけないな。

twitter

銀行員は給与が高く安定したイメージを持たれやすいですが、就職したばかりの若手には当てはまりません。残業抑制が強い現代は、残業代による稼ぎも難しいです。

またノルマの厳しさが理由で、将来の昇給よりも現状の苦痛から逃れたい気持ちも強くなります。

これらの苦痛は転職によって解放されるため、後悔を感じる人は少ないんです。

銀行員に向いてる人はどんな人?と思う方はこちらもチェック

銀行員にむいてる人ってどんな人?元メガバンカーが内部事情を徹底解説

銀行員女性が転職するならどこがおすすめ?

銀行からの転職を決めたものの、どこに転職するべきかは悩みがちです。

時と場合によりますが、職歴や経験が活かせる場所を選ぶと、転職がスムーズに進みやすい傾向が見られます。

そこで銀行員としての経験年数に応じて、おすすめできる転職先を紹介します。

入行して1年経っていない場合

結論から申し上げると、入行して1年経っていない場合は転職先の選択肢が非常に多いです。どこにでも行けると考えて良いでしょう。

経験年数1年未満なら仕事にそれほど染まっていない状態です。したがって異業種であっても、新しい職場に比較的抵抗なく馴染めます。

とはいえ銀行員としての経験を活かしやすい職種は存在します。

一般職の場合、業種問わず事務職がおすすめです。前述のように銀行員として経験する事務作業は、ほかの様々な事務職にも応用できます。

事務職は業種に関係なく必要で求人も多いため、自身に適した職場を選べます。

総合職の場合は、異業種における営業で経験を活かしやすいです。総合職で積んできた営業スキルを、新しい環境で活かすのがおすすめです。

また転職エージェントの活用も効果的です。総合職で経験した幅広い業務や自身の適性から、転職エージェントがおすすめの転職先を紹介してくれます。

20代の女性銀行員の場合

20代なら銀行員としての経験をある程度積んだ状態です。したがって知識や経験を活かしやすい職種なら、転職がスムーズに進められます。

一般職からの転職であれば以下の職種がおすすめです。

  • 事務職
  • 経理職
  • エンジニア

銀行での事務経験は様々な場所で活かせるため、事務職全般向いています。

経理は事務作業の割合が高いため、事務経験・数字の強さの両方が活かせる仕事です。

そしてエンジニアのように、几帳面な性質が求められる仕事も活躍できます。

総合職の場合は、以下のような職種をおすすめします。

  • 営業
  • コンサルティング業
  • Web系

営業は総合職で培った能力をダイレクトに活かせる職種です。

コンサルティング業も営業と同じく人との関わりが中心ですが、求められる役割は違うため、新たな経験をしたい女性にぴったりです。

そして総合職での幅広い経験は、Web系の職種でも活かせます。

別業界への転職でも、経験を活かせる職種選びがおすすめです。

30代の女性銀行員の場合

30代の女性銀行員は仕事内容だけでなく、銀行という業界への馴染みも深くなっています。したがって別業界へ転職する場合、関連性が強い業界の方が転職しやすいです。

とはいえ一般職で培う事務作業の経験は、業界にあまり関係なく活かせます。したがって20代女性の場合と同様に、事務職や経理職は業界問わずおすすめです。

エンジニアは少し傾向が違い馴染むのに時間がかかる可能性が高いため、即戦力を目指す場合には優先しない方が良いかもしれません。

総合職の場合は、以下のような業界・業種がおすすめできます。

  • 銀行以外の金融業(保険・信託など)
  • M&Aファーム

総合職では金融に関する知識が身につきます。30代まで銀行員として働いていた女性なら、高い専門性を保有していると考えられます。

したがって保険や信託などの金融業、もしくは高度な金融知識が求められるM&A関連の会社は特に活躍しやすいです。

銀行員の女性が転職するならエージェントを利用するのがおすすめ

銀行員の女性が転職するならすべて自力で転職活動を進めるのではなく、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職エージェントは自身の希望や経験を基に、マッチ度の高そうな企業の候補を選んでくれます。また面接日程の調整を含む連絡事項の代行もするため、転職活動に関する負担を減らせます。

このようなサービスだけでなく、転職活動の対策サポートを実施するエージェントも多いです。

転職活動には履歴書や職務経歴書が必要です。しかし自身で作ったものをそのまま使うだけでは、ミスに気づかず修正するべき箇所が残ったままという恐れがあります。

エージェントのサポートを受ければ客観的なチェックが入るため、より良い状態の書類が出来上がります。

転職エージェントは転職活動の成功可能性を高めるため、幅広いサービスを提供する存在です。

銀行員の女性におすすめの転職エージェント一覧

ひとくちに転職エージェントといっても、少しネットで検索しただけで多くのサイトがヒットします。

スムーズな転職活動のためには、自身に合った転職エージェント選びが必要です。

そこで各エージェントの強みや特徴を考慮した上で、銀行員の女性におすすめできる転職エージェントを紹介します。

今回紹介する転職エージェントサービスは以下の3つです。

  • レバテックキャリア:ITエンジニアを目指すなら
  • RECRUIT AGENT:転職実績は1位
  • マイナビエージェント:20代に強い人気のエージェントといったら

それぞれ特徴やおすすめできる理由について紹介します。

レバテックキャリア:ITエンジニアを目指すなら

レバテックキャリアは以下の特徴を持つ転職エージェントです。

  • IT・Web業界への転職に強い
  • 年収アップ率60%以上
  • 様々な勤務形態から希望できる

前の章で転職先のおすすめとして、一般職ならエンジニア、総合職ならWeb系の業界を例に挙げました。

そしてレバテックキャリアは、IT・Web分野に強みを持っています。

転職先の分野について希望が強い場合は、その分野に強みがある転職エージェントを使うと効率的です。

そのため銀行員からITエンジニアなどを目指したい方には、レバテックキャリアがおすすめできます。

また転職後の年収アップ率が高い点も強みです。銀行員として高年収だった場合、転職後の年収が不安になりがちです。

レバテックキャリアなら年収に関しても安心して任せられます。

勤務形態も正社員・フリーランス・派遣から希望できるため、融通を利かせた働き方も選びやすいです。

 

\ IT・WEB系への転職なら! /

まずは会員登録してみる

 

リクルートエージェント:転職実績は1位

リクルートエージェント続いてリクルートエージェントが持つ特徴を紹介します。

  • 転職成功実績が1位
  • 求人数が多い
  • 業界・企業情報の分析に強みがある

RECRUIT AGENTは転職成功実績1位を誇る転職エージェントです。

転職活動に関するノウハウを存分に活かした、質の高いサービスが期待できます。

実績だけでなく、扱っている求人数が非常に多い点も特徴です。RECRUIT AGENTは求人数もナンバーワンであり、幅広い選択肢から自身に適した転職先を見つけられます。

非公開求人数も2020年8月時点で10万件を超えています。

転職サポートが充実していますが、特に業界・企業情報の分析が強みです。

RECRUIT AGENT独自の分析による結果を提供してもらえるため、多くの情報を得られます。転職先の絞り込みをする上で非常に便利です。

 

\ 転職成功実績NO.1 /

まずは登録してみる

 

マイナビエージェント:20代に強い人気のエージェントといったらここ

マイナビエージェントの主な特徴は以下の3点です。

  • 20代の転職に強い
  • 業界に特化したキャリアアドバイザーが在籍
  • 中小企業の求人が多い

マイナビエージェントの特徴として、20代の転職に強い点が挙げられます。若い世代が対象の求人情報が多く、登録している会員も20代の割合が高いです。

また業界に特化したキャリアアドバイザーが在籍しているため、業界に関する疑問・不安を相談しやすいです。

モヤモヤした気持ちを持たず、転職活動に集中できます。

中小企業の求人が多い点も、マイナビエージェントの特徴です。

大企業は知名度や規模が期待できますが、分業が進んでおり一部の仕事に専念するケースが多く見られます。したがって幅広い業務を希望する方には、中小企業が適している可能性が高いです。

転職希望先の企業規模も、エージェント選びのポイントとなります。

 

\ キャリアドバイザーが在籍・添削までのサービスもあり! /

まずは登録してみる

 

銀行員の女性の転職でよくある質問

一概には言えませんが、転職を考えている銀行員女性が同じ悩みを抱えるケースは多いです。

すっきりした気持ちで転職活動をするには、疑問や不安はなるべく解消するべきです。そこで銀行員女性の転職による、よくある質問についてお答えします。

  • 嫌味を言われすぎて本当に辛いです。私に転職先はあるでしょうか
  • 子持ちの銀行員の女性ですが転職はできますか
  • 銀行あるあるがしんどいです。他の会社に行ってもそうなのでしょう

Q:嫌味を言われすぎて本当に辛いです。私に転職先はあるでしょうか

嫌味はとても辛いものですが、気にする必要はありません。貴女にあった転職先はあるはずです。

銀行は年功序列の考えが強い傾向です。年功序列を打破しようという動きはあるものの、現状まだ色濃く残っています。

若い世代が上司や先輩から強く当たられるケースも珍しくありません。

このような環境のため、嫌味を言われて辛い思いをする銀行員女性は多いです。転職したい気持ちはあるものの、嫌味が原因で自信をなくしてしまうケースは多く見られます。

しかし貴女が快適に働ける転職先は絶対にあります。銀行員が辛いのなら辞めて良いのです。

より良い環境で働くために、ぜひ転職活動を進めましょう。

Q:子持ちの銀行員の女性ですが転職はできますか

転職できます。子持ちの女性の転職に強いエージェントの利用がおすすめです。

子持ちの方は育児との兼ね合いから、仕事上の制限が多くなってしまいます。したがって銀行員から転職したいと考えていても、育児と両立できる職場探しが難しそうと諦めてしまいがちです。

しかし現代は多くの企業で、育児をしながら働く女性のサポート体制を整えています。理解がある企業へ転職すれば、仕事と家庭を両立できます。

効率良い転職活動のためには、子持ちの女性の転職に強いエージェントを利用しましょう。育児と両立しやすい環境の職場を提案してもらえます。

本記事で紹介した中なら、最も求人数の多いRECRUIT AGENTがおすすめです。

Q:銀行あるあるがしんどいです。他の会社に行ってもそうなのでしょうか

銀行は独特の文化が多くやや特殊な環境です。他の会社へ転職すれば解消されるでしょう。

銀行には以下のような「あるある」が存在します。

  • ノルマがきつい
  • 年功序列の風潮が強すぎる
  • やたら細かい点まで指摘される
  • たくさんの押印やちょっとした雑務など無駄としか思えない業務が多い
  • 資格取得を強要される

銀行あるあるが理由で転職したいと考える銀行員女性は多いです。しかし他の会社も同じなのでは…と考えると、転職する意味を見出せなくなってしまいます。

しかしこれらの内容は銀行独特のものです。他の会社へ行けば解消されるので、安心して転職活動できます。

まとめ:転職したいと思ったらエージェントだけでも登録しておこう

銀行員の女性は転職活動で活かせる強みを多く持っています。銀行員として働くのが辛いなら、無理に我慢せず転職活動をするのがおすすめです。

しかし転職活動は疑問や不安が生じやすい上、求人探しや書類作成など大変な作業も多いです。

もし銀行員から転職したいと思ったら、スムーズな転職活動のために、エージェントだけでも登録しておきましょう。

いざ転職を決意したとき、すぐに活動を進められます。

仕事が辛い銀行員女性には、いつでも転職活動できるようエージェント登録がおすすめです。

銀行員だけど副業に興味がある方はこちらもチェック

【抜け道】銀行員は副業できる?おすすめの副業5つも紹介

-転職, 銀行/ 副業について

Copyright© Banker's.Hack , 2021 All Rights Reserved.