転職

【正直に】dodaのエージェントはひどいの?実体験を話します

  1. HOME >
  2. 転職 >

【正直に】dodaのエージェントはひどいの?実体験を話します

転職をする際に使用するのがエージェントではないでしょうか?

しかしエージェントの中にはひどいと言われるサービスがあり、使うかどうか迷っている方もいるでしょう。

この記事では数多くの人に利用されているエージェントの1つ、dodaの評判について紹介したいと思います。

dodaは求人数が多く利用している方が多いといった印象ですが、ひどいのは本当なのか?について調べてみました。

これからdodaを使用しようと思っている方は必見の内容です。

dodaのエージェントのメリットと特徴:「ひどいは嘘です」

アンケートについての詳細はこちら

結論から言うと、dodaのエージェントはひどいは「嘘です。」そもそもひどいサービスならば多くの人に使われていませんよね。

たくさんの方が使っているサービスは機能や利便性が高いから使っているのであって、dodaも同じことが言えます。ここでは具体的にどのようなメリットと特徴があるのか詳しくみてみましょう。

無料年収査定サービスが面白い 

dodaでは無料年収サービスを行っています。転職の際に外せない項目となる年収。

ちなみに私は高卒で就職して2年間で2回転職、年収は200万程だったのですが査定したところ320万と120万も年収がアップしました!

dodaでは以下の4つを知ることができます。

  • 適正年収(これまでの経歴から適正年収)
  • 今後30年間の年収推移(今後30年間の年収推移をグラフで表示)
  • キャリアの可能性(自分と同じキャリアの持ち主の転職事例)
  • 適正年収から求人を探す(年収結果をもとにdodaが年収にあった求人情報法を提供)

doda会員186万人のビッグデータをもとに適正年収を算出しているので、非常に参考になる適正年収情報をゲットできます。

年収適正データを使うべき人は以下の3つです。

  • 今の年収が自分のキャリアに合っているのか不安
  • 今後の年収推移が気になる
  • 転職をする前に自分の市場価値を知りたい

特に転職の際に自分の市場価値を知らない方は多くいるでしょう。

自分の市場価値を知れれば、どんどん上のステップへと自信を持って踏み出せます。

大手の中で正直一番丁寧な対応 (担当者が親身になってくれる)

dodaは数ある大手エージェントの中でも正直一番丁寧な対応です。実際に使用している方の声では以下の通り評判を得ています。

  • 「希望を提示した通りに仕事を紹介してくれた」
  • 「キャリアエージェントがしっかりとした対応だった」
  • 「スピーディーな対応でよかった」

大手=丁寧な対応といったことはなく、中にはひどい態度やすぐに転職させようと望んでもない転職先を進めてくるエージェントもいます。

しかしdodaは大手というだけではなく、担当者が親身になって転職先を紹介してくれ、こちらの要望も聞いてくれます。

納得のいく転職をするためには担当者の対応も重要です。

dodaは大手の中で対応が一番丁寧なので、「きちんと対応をして欲しい」といった方でも安心して利用できるでしょう。

登録後に参加できるイベントが盛り沢山

dodaは会員に向けて転職イベント・転職セミナー情報を紹介しています。イベントでは以下のことを知れます。

  • キャリアのヒントを得る
  • 転職ノウハウを学べる
  • 企業を知れる

キャリアアドバイザーが親身になって面接力をアップするための講座や転職ノウハウを教えてくれるので、転職に悩みがある方にとって大変便利なサービスとなっています。

なおイベント・セミナーはオンライン上から参加できるので地方にお住まいの方やコロナウイルスが心配な方にもぴったりです。

選考前には企業と話せるイベントも行っており、現場の方の声を実際に聞けるでしょう。

イベントの評判は大変よく、具体的には以下の声がありました。

  • 「緊張を強いられる面接と違い、また事前に企業様に自分を知ってもらえる良い機会」
  • 「真摯にお話を聞いて頂けたり、自分ひとりでは悩んだままだった事にも適切なアドバイスを頂けて良かった」

転職に不安を抱えている方はイベントに参加すれば不安も和らぐでしょう。

dodaの基本情報

dodaは大手ですが、いったいどの会社が運用しており、求人数はどのくらい扱っているかなど詳しいことは知らない方が多いのではないでしょうか。ここではdodaの基本情報についてまとめてみました。

dodaの運営会社

dodaの運営会社はパーソナルキャリア株式会社です。

本社所在地や資本金、事業内容などの詳しい情報は以下の通りです。

概要 詳しい内容
運営会社 パーソナルキャリア株式会社
本社所在地 〒100-6328 東京都千代田区丸の内2-4-1 丸の内ビルディング27F
資本金 1,127百万円
事業内容 人材紹介サービス、求人メディアの運営、転職・就職支援、採用・経営支援サービスの提供
従業員数 4,540名
代表取締役社長 峯尾 太郎

dodaをしているだけあって、やはり人材紹介サービスや転職支援など求職者への事業を中心に行っています。

求人数

dodaの求人数は現時点で約10万件ほどです。SAPPROやNAVITIME、SMBC信託銀行といった大手企業が揃っており、大手企業へと転職したい方にもぴったりのエージェントです。10万件もあるので以下の希望を満たせるでしょう。

  • 残業20時間未満
  • 年収500万円以上
  • 土日祝休み
  • 大手・優良企業
  • 賞与2回
  • 研修制度充実

転職はしたいけど、どうしても譲れない条件があるといった方でもdodaを利用すれば希望する求人数が見つかるでしょう。

なお他の大手エージェントとの求人数の比較は以下の通りです。

エージェント名 求人数
リクルートエージェント 約13万件
マイナビエージェント 約3万件
ビズリーチ 非公開
リクナビネクスト 約5万件

他のエージェントと比べても求人数は多くなっています。

求人ジャンル

dodaは特別一定の求人ジャンルに特化しているといったことはありません。求人数がおよそ10万件もあるので、大手からベンチャーまで揃っています。しかしベンチャーといっても創業から5年経っているものが多いので、創業してすぐの企業が良ければwantedlyを使うのがおすすめです。

職種は特に限られていないので、どの職種を求めていてもdodaの使い勝手はいいと感じるでしょう。

しかしある業界に就きたい場合は、その業界に特化したエージェントを使うのがおすすめです。

サポート 

dodaではいろいろなサポートを行っていますが、種類が多いため1つずつ分けて紹介したいと思います。

専門スタッフがしっかりサポート

dodaはキャリアアドバイザーが寄り添ってしっかりとサポートをしてくれます。またそれだけではなく、同じ視点からアドバイスをしてくれます。これにより経歴や希望に合った求人をサポートしてくれるのです。

面接の日程調整をしてくれる

転職活動中は忙しく面接の日程調整が難しいことができるでしょう。

難しい日程調整も全てdodaが代行して行ってくれるので、自分で調整をする必要はありません。

書類・面接の対策、手続きサポート

転職はいきなり面接ではなく、応募をしてから職務履歴書などを送る必要があります。dodaでは職務履歴書や履歴書の添削を行ってくれます。さらには面接のマナーや答え方もアドバイスをしてくれるのです。書類・面接で悩みを抱えている方でもdodaを利用すれば安心して転職ができるでしょう。

dodaの面談の拠点

dodaの面談拠点は以下の通りです。

オフィス名 住所
doda札幌オフィス 北海道札幌市中央区北一条西4丁目2−2札幌ノースプラザ9F
doda仙台オフィス 宮城県仙台市青葉区国分町3−4−33仙台定禅寺ビル3
doda東京支社 東京都千代田区丸の内2−4−1丸の内ビルディング27F・28F
doda横浜オフィス 神奈川県横浜市西区北幸1−11−15横浜STビル14F
doda名古屋オフィス 愛知県名古屋市中村区名駅三丁目28−12大名古屋ビルヂング14F
doda大阪オフィス 大阪府大阪市北区大深町3−1グランフロント東京タワーB 17F
doda神戸オフィス 兵庫県神戸市中央区江戸町95 井門神戸ビル9F
doda岡山オフィス 岡山市北区下石井2−1−3岡山第一生命ビルディング14F
doda広島オフィス 広島県広島市中区基町11−10合人社広島紙屋町ビル4階
doda福岡オフィス 福岡県福岡市中央区天神1−1−1アクロス福岡13F

面談場所に行くとオンライン上での対応よりも丁寧にしてくれると評判です。

dodaのエージェントのデメリット

dodaのエージェントは求人数が多い、担当者が丁寧といったメリットがありますが、反対にデメリットもあり、主に3つです。ここではdodaのエージェントのデメリットについて紹介して1つずつ詳しくないように触れていきます。

  • 連絡が来ない
  • 門前払いされることがある
  • キャリアアドバイザーが熱心すぎる

連絡が来ない 

dodaは登録してからもなお、エージェントから連絡がこないことがあります。主に以下の理由があります。

  • 登録が完了していない
  • エージェント側が見逃している可能性がある
  • 紹介できる求人がない

登録後だけではなく、初回面談後に連絡がないこともありその場合は以下の通りです。

  • 紹介できる求人がない
  • 面接前後での対応が非常識
  • 転職したい意欲が感じられない

大半の方が転職をしたくdodaに登録していると思うので、もし連絡がない場合はエージェント側が見落としている可能性があります。電話番号がわかれば電話をしてみましょう。

門前払いされることがある

転職エージェントは一緒に求人を探してくれますが、場合によっては門前払いされます。経歴が特殊で転職回数が多い、未経験は難しい業界、キャリアなしといった場合が多いです。「とにかく求人を探していてなんでもいいから登録してみた」という気持ちでは転職意欲がないと判断されて門前払いされます。しかし職歴に問題がなく、過去に転職エージェントを利用してブラックリスト入りになっているという状況以外であれば門前払いされることはあまり考えられません。

キャリアアドバイザーが熱心すぎる (やる気がない人には微妙)

キャリアアドバイザーが熱心なのは、転職したい方にとって嬉しいことでしょう。実際に口コミで「キャリアアドバイザーが転職者目線でサポートをしてくれる」「担当者とLINEでやりとりができてお手軽」と評判です。しかし熱心すぎると軽い気持ちで登録した方にとっては重いと感じてしまいます。dodaのキャリアアドバイザーは全体的に質が高いので、やる気がない人にとっては微妙と感じてしまうでしょう。転職への意欲が高い方であれば問題はありません。

dodaのエージェントの口コミ評判

dodaを利用する際に、実際の利用者の口コミを知ることができれば安心して利用できるでしょう。ここではdodaエージェントの良い口コミ・悪い口コミについて紹介しますので、実際に利用する際の参考になるでしょう。

良い評判:担当者が熱心だった 

「DodaのTさん、エン転職のMさん、熱心にサポートして頂き本当にありがとうございました。転職エージェント大手7社ほど使いましたが上記2サービスが圧倒的に良かった。求人の見やすさも担当者も最高」

twitter

こちらの方は大手エージェントであるdodaとエン転職を含め7社を利用しています。その中でも圧倒的に良かったサービスは本記事で紹介しているdodaとエン転職といっています。求人の見やすさから担当者も最高と言っており、使いやすいことがわかるでしょう。

もちろんキャリアアドバイザーとの相性もありますが、キャリアアドバイザー全体の質が高いので安心して利用できます。

第二新卒の方も利用できるようですので、是非利用してみてください。

良い評判:いろいろ使ったもののdodaが使いやすい

「転職サイト、エージェント含めて色々使ってたけど、個人的に使いやすいかったサイトはマイナビ転職とdodaメールとか沢山来るけど選択肢が多いし、企業からのオファーが来て、希望する条件とあってれば受けるみたいなムーブできる。エージェントも親身に話聞いてくれたしありがたかったな」

twitte

こちらの方はさまざまなエージェントを使っていますが、使いやすいのはdodaと言っています。dodaはメールがたくさん来て嫌だという方もいますが、その分選択肢も多くなるため選びやすいと評判です。企業からのオファーもあり、自身の希望と合っていれば受けるといったムーブができます。やはりdodaのエージェントはとても丁寧なようで高評価です。

良い評判:応募状況が分かりやすい

en転職→重いDODA→応募状況が一覧可ダントツ使いやすいリクナビNEXT→応募状況はメッセージ履歴から閲覧可マイナビ転職→マイページのメッセージ履歴から閲覧可

twitter

こちらの方もさまざまなエージェントを利用しており、それぞれの特徴を述べているのでdoda以外を利用したい方にも参考になるでしょう。

dodaは応募状況が一覧で閲覧できるので一番利用しやすいと言われています。さまざまな企業へ応募する転職中ですが、一覧で閲覧できるのは大きな魅力となるでしょう。

担当者の対応が良いのはもちろん、応募状況がすぐに分かるのはとても便利なはずです。担当者だけではなく見やすさを重要視する方にはdodaがおすすめです。

悪い評判:操作性が良くない

「求人サイトのDODA 使いにくい。操作性がよくない。営業のフォローがないので明日謝罪がなかったらもう絶対依頼したくない、今回は料金がマイナビよりもリクナビよりも高いのに使いにくくていやになる。もしかしたら営業が説明してくれたら印象も変わったと思うが。」

twitter

dodaは使いやすいと評判ですが、人によっては操作性が良くないと感じるようです。営業のフォローがないにもかかわらず謝罪がなく今後は依頼したくないとまで不満を抱いています。

悪い評判:電話がしつこい

dodaのとあるシステムを使いたくて登録したらそれ以降ガンガンメールとか電話とか来るようになって超しつこい。検索機能は、金を多めに払ってる会社が常にどんなに条件変えてもトップにくる(ページ切り替えしても)からマジ使いにくい

twitter

dodaのあるシステムを使いたく登録をしたようですが、登録してからはメールと電話がたくさん来てすごくしつこいと感じる方もいました。便利なはずの検索機能も、お金を多めに払っている企業が検索条件を変えても常にトップに来ており使いにくいとのことでした。しかし1年前以上の口コミですので、今は改善されているでしょう。メールが多いのは事実ですが、その分選択肢が増えるので利点と感じる方もいるはずです。

悪い評判:自己応募には向いていない

転職サイトは目的によって使い分けましょう。例えばdodaは掲載求人数で企業からのスカウトは受けやすいですし、スケージュール機能も使いやすい!忙しい転職者の必須サイト。しかし自己応募には向いてません。求人数が多過ぎるのと、検索が機能が感覚的に使いにくいからです。

dodaが掲載求人数で企業からスカウトが受けやすいのは事実で、スケジュール機能があるので利便性も高いものです。しかし求人数が多すぎ検索機能が感覚的に使いにくいという理由から自己応募には向いていません。dodaは悪い一面があるものの、良い一面もあります。用途によって使い分けるとストレスを感じずに使えるでしょう。

dodaのエージェントの登録方法 

dodaのエージェント登録方法は以下の通りです。


  • 公式サイトにアクセス

    dodaの公式サイトにアクセスして、サイトトップ画面の「会員登録する(無料)」をクリックしましょう。

  • 公式サイトにアクセス

    「会員登録する(無料)」をクリックして自分の名前を入力しましょう。

  • 公式サイトにアクセス

    名前の入力した後は以下を入力しましょう

    • 誕生年
    • 誕生月
    • 誕生日
    • 性別
    • お住いのエリア
    • ご連絡先(携帯電話)メールアドレスとパスワード
    • 最終学歴卒業区分
    • 現在の勤務状況
    • 転職回数
    • 勤務先会社名
    • 業種職種
    • 年収

    住まいのエリアは国内だけではなく、海外も選択できます。

    勤務先会社名は離職中の方であれば前職の会社名を入力しましょう。

    転職活動を転職先にばれたくない方もいますが、dodaは登録者の情報を閲覧できないようにされるため転職活動が企業にバレることはありません。

    安心して転職活動ができるので利用しやすいでしょう。

  • 同意して会員登録

    情報を入力した後は、「同意して会員登録をする」をクリックして完了です。

    最後のエージェントサービス、スカウトサービス、パートナーエージェントサービスは任意で利用できます。

dodaのエージェントをおすすめできる人

dodaのエージェントは悪い口コミがあるようにすべての人に向いているわけではありません。ここではdodaのエージェントをおすすめできる人は以下の3つです。

  • 転職をする人
  • 転職エージェントを使い倒したい人
  • 手厚いサポートを求める人

それぞれ詳しく触れていきますので、dodaを利用するかどうか迷っている方は是非参考にしてくださいね。

転職を初めてする人

dodaは初めて転職をする人におすすめです。なぜなら先ほども言ったように職務履歴書や面接のサポートをしてくれるからです。そのため不安を抱えている方にとってdodaは強い味方となるでしょう。さらに第二新卒でも問題なく使えるという声もあるので、新卒で働いてすぐに退職した方にもおすすめです。転職には不安を抱えるのは当たり前で、初めてなら尚更です。不安を抱えている方はdodaがおすすめです。

転職エージェントを使い倒したい人

dodaは転職エージェントを使い倒したい人にぴったりです。求人数が多くサポートが手厚い、キャリアアドバイザーが丁寧なので使っていてストレスも抱えないでしょう。dodaを上手に使えばいろいろな企業からオファーが来るはずです。さらにキャリアがしっかりとある方であれば、大手企業から声がかかるでしょう。しかし注意点として転職エージェントに使われないための知識を身につけるようにしてください。場合によっては内定を強引にプッシュしてくるようなエージェントもいるため、しっかりと意思表示ができるようにしましょう。

手厚いサポートを求める人

dodaは手厚いサポートをしてくれるエージェントで有名です。職務履歴書の添削をしてくれて、面接のサポートをしっかりとしてくれる対応者は少ないでしょう。キャリアアドバイザーの質も高く就職してから円満退職をするためのサポートもしてくれます。就職したら終わりではなく手厚いサポートをしてくれるので、とことん手厚いサポートをしてくれて安心できるエージェントを求めている方におすすめなのがdodaです。

dodaのエージェントをやめた方がいい人

dodaは利点もありますが、エージェントをやめたほうが良い人もいます。なぜ魅力的なのにやめたほうがいいの?と思う方もいるでしょう。ここではdodaのエージェントをやめたほうがいい人の特徴をひとつずつ説明します。

  • 自分で転職先を見つけたい人
  • 特定の職業に絞っている人 
  • お試しで転職活動をしている人

自分で転職先を見つけたい人 

dodaは自己応募には向かないといった声もあるように、自分で転職先を見つけたい人にはおすすめできません。もし自分で転職先を見つけたいのであればwantedlyや転職サイトがおすすめです。wantedlyは簡単に企業と繋がることができて、スタートアップ企業もありベンチャー企業に就職したい方にもいいでしょう。転職サイトはスカウトがないものの、自分で転職先を捜して応募するにはぴったりです。自分で転職先を見つけたい人はwantedlyや転職サイトの利用をしましょう。

特定の職業に絞っている人 

dodaは求人数が多いのが魅力的ですが、特定の分野に特化しているとうわけではありません。もし金融にこだわっているのであればマイナビ金融エージェント、コンサルタント脂肪であればアクシスコンサルティングがおすすめです。あらかじめ自分がどの分野に絞っているのかを確認してから、それに特化したエージェントを使うようにしましょう。特化したエージェントならば専門知識が豊富なキャリアアドバイザーついており安心できるはずです。

お試しで転職活動をしている人

お試しで転職活動をしている方にもおすすめです。場合によっては門前払いをされますが、キャリアに問題があったりよほど意欲がないという状況でなければ門前払いはされません。お試しで転職活動をしている人にとってdodaは転職エージェントの雰囲気を使いたい方にぴったりです。求人数が多くイベントも行っているので、転職の知識を身につけたい方におすすめできます。ただしお試しだけではなく、本気で転職活動をしている方にもぴったりとなっています。

まとめ | 自己応募以外ならばdodaがおすすめ

dodaの唯一の欠点は自己応募に向いていないことです。ですが、スカウトや紹介経由であればdodaが圧倒的におすすめです。キャリアアドバイザーが転職者と同じ目線でアドバイスや求人紹介をしてくれるので、担当者と求職者の間でズレがなく利用ができるはずです。さらにサポートが手厚く面談や面談履歴書のアドバイスはもちろん、担当者の対応も丁寧。自己応募以外ならば圧倒的にdodaがおすすめです。この記事で紹介した登録方法を参考にしてdodaへ登録してみてください。

-転職

Copyright© Banker's.Hack , 2022 All Rights Reserved.