転職

MS-Japanに断られた!早く転職活動したい際の断られた時の対処法を紹介

  1. HOME >
  2. 転職 >

MS-Japanに断られた!早く転職活動したい際の断られた時の対処法を紹介

本記事では管理部門・士業特化型エージェント転職決定率NO1の「MS-Japan」を紹介します。

管理部門・士業特化型エージェント転職決定率NO1であるため、バックオフィス関連での転職を考えている方であれば一度は利用した経験があるのではないでしょうか?

しかし、中には「MS-Japanに断られた」との方がいるのです。

この記事では、以下の疑問を持っている方向けに詳しく解説します。

  • MS-Japanを運営している会社はどんなのか知りたい方
  • MS-Japanのメリット・デメリットを改めて知りたい方
  • 断られて対処法に困っている方

断られた理由と対処法を紹介しているため、断られた経験がある方は必見の内容です。

本記事のまとめ

  • MS-Japanは管理部門・士業特化型エージェント転職決定率NO1
  • 断られる場合があり、必ず全員が利用できるわけではない
  • 断られても他の転職エージェントを利用すればOK
先輩行員

結論:MS-Japanは管理部門・士業を希望している方に最適な転職エージェントですが、断られても他の転職エージェントと併用すれば問題ないため気にする必要はありません。

MS-Japanの基本情報

MS-Japanは経理、人事、法務といったバックオフィスの管理部門に特化した転職エージェントです。

外部委託調査会社調べ(2019年3月)では管理部門特化型エージェント転職決定率No.1を獲得していることから、非常に支援されている転職エージェントであるのがわかるでしょう。

株式会社MS-Japanは2017年に東証一部上場もしており、企業の知名度や信頼度は確かなものです。

対象者は25歳前後の第二新卒の方から40歳を超える方までと、かなり幅広いです。

対象年齢が限定されている転職エージェントが多い中、幅広い方が対象なのは魅力的でしょう。

概要 詳細
運営会社 株式会社MS-Japan
対象者 25歳前後の第二新卒の方から40歳を超える方までと幅広いのが特徴
公開求人数 45,000件以上
対応地域 全国+海外
利用料金 無料
公式サイト https://www.jmsc.co.jp/
先輩行員

対象者が幅広いのが、魅力な理由かもしれませんね。

MS-Japanの利用メリットは3つ

MS-Japanの利用メリットは主に以下の3つです。

  • 管理部門・士業の求人に特化している
  • 幅広い求人情報
  • キャリアアドバイザーの専門性が高い

それぞれの利用メリットを詳しく見てみましょう。

管理部門・士業の求人に特化している

MSーJapanは、管理部門・士業の求人に特化しており細かく分けると以下のとおりです。

  • 経理
  • 財務
  • 法務
  • 人事
  • 総務
  • 経営企画
  • IR
  • 広報
  • 秘書
  • 公認会計士
  • 弁護士
  • 税理士
  • 会計事務所
  • 監査法人

ほかの転職エージェントではなかなか見られない弁護士や税理士の求人を取り扱っており、士業に力を入れているのがわかるでしょう。

専門分野が広く、公開求人数は45,000件と他の大手転職エージェントと比べても大差ありません。

認知度が高い大手転職エージェントの公開求人数は以下のとおりです。

  • マイナビエージェント 27,352件
  • マイナビ転職 14,574件
  • JACリクルートメント 11,204
新人行員

公開求人数が45,000件もあれば、少ないと不満を覚えるのは少ないでしょう。公開求人に加え、非公開求人も加わるため実際はもっと多いことになります。

幅広い年代の方に向けた求人情報

MSーJapanは管理部門・士業特化型転職エージェントであるものの、幅広い年代・ポジションの求人を扱っているため、利用する人を選ばない転職エージェントです。

管理部門のある大手企業に加え、外資系、ベンチャー企業、さらに士業である法律事務所、監査法人といった求人も豊富に取り扱っています。

求人が多いのはもちろんのこと、年齢やポジションに応じた求人が多くあります。

そのため、年齢問わず利用できるのです。

第二新卒向け、30代以降のハイキャリア向けと対象者が決まっている転職エージェントが多い中で、幅広い年代の方に向けた求人があるMS-Japanは非常に魅力的です。

キャリアアドバイザーの専門性が高い

MS-Japanはキャリアアドバイザーの専門性が高いため、安心して転職活動を進められます。

もし分からないことがあっても、すぐに的確なアドバイスをしてくれるでしょう。

MS-Japanには、キャリアアドバイザーの顔写真とともに名前が載っています。

画像をクリックすればそれぞれのキャリアアドバイザーのプロフィールを確認でき、口コミも記載されています。

キャリアアドバイザーがいる転職エージェントは多いですが、MSーJapanのように紹介されていることはありません。

転職エージェントを利用する身からすれば、キャリアアドバイザーの紹介ページがしっかりとあるのは大変魅力的です。

MS-Japanの利用デメリットは3つ

MS-Japanの利用デメリットは主に以下の3つです。

  • 未経験や実務経験が浅い人には向かない
  • 担当者の当たり外れが大きい
  • 地方住まいには向かない

それぞれの利用デメリットを詳しく見てみましょう。

未経験や実務経験が浅い人には向かない

MSーJapanは幅広い方を対象としているものの、未経験や実務経験が浅い人には向きません。

対象者には入っているものの、難しい分野とだけあって求められるスキルが高く、さらに経験も求められます。

もともとMSーJapan自体が「特化型」であるため、採用企業側もある程度スキルを持っている方を求めています。

そのため未経験や実務経験が浅い人には不向きです。

しかしすべての求人が未経験・実務経験浅い人は不可というわけではありません。

もし気になるようであれば登録だけでもしてみましょう。

担当者の当たり外れが大きい

MSーJapanは担当者の当たり外れが大きいのが残念な点です。

扱う求人が決まっているため、キャリアアドバイザーの専門性は高いものの、担当者も人であるため性格の相性があります。

知識があれば相性が良いというわけではありません。

そのため、担当者によって相性が悪いと感じてしまうことがあるでしょう。

もし担当者との相性が悪い場合は、転職エージェントに「担当者を変えてほしい、もっとこうしてほしい」と伝えましょう。

抵抗感があると思う方もいるかもしれません。

しかし相性が悪い担当者と転職活動を行っても、スムーズに進まない可能性があるため伝えるようにしましょう。

地方住まいには向かない

MSーJapanの対応地域は全国+海外であるものの、地方住まいの方には適しません。

主要エリアは東京・神奈川・愛知・大阪となっています。

なぜなら管理部門は本社に設置されていることが多く、大手上場企業・外資系企業は大都市に集中しているからです。

求人エリアの約7割は東京となっているため、地方で良い条件を見つけたい方であれば以下の2つがおすすめです。

  • リクルートエージェント
  • マイナビエージェント

<<マイナビエージェントがひどいって本当?若い世代なら利用するべし!>>

先輩行員

転職エージェントは用途や地域によって使い分けるのがおすすめ。

MSーJapanに断られた!考えられる6つの理由

MSーJapanは全員が利用できるわけではなく、登録しても「ご紹介できる案件はないためキャリアカウンセリングはできません」と断られることがあります。

しかし断られるのには必ず理由があります。

考えられる理由は以下の6つです。

  • 対象地域から外れている
  • 経歴が浅い
  • 30代後半である
  • 転職を繰り返している
  • 取り扱いがない業界・職種
  • 転職意欲が感じられない

それぞれの理由を詳しく見てみましょう。

対象地域から外れている

MSーJapanは全国の求人を取り扱っているものの、ほとんどの求人は東京・神奈川・愛知・大阪です。

ホームページには日本全国・海外の求人があると紹介していますが、基本的にはあまりないと思って間違いありません。

希望する地域や住んでいる地域が地方の場合は、紹介できる求人紹介がないと断られてしまいます。

経歴が浅い

転職は即戦力になる方がが対象となるため、経歴が浅い方はスキルがないとされ、MSーJapanの利用を断られてしまう可能性があります。

もし特定の業界の経験年数が3年の方と、あらゆる業界を1年単位で移り変わっている方がいるとしたら、採用されるのは前者です。

経歴が浅いけど転職をしたい方は、MSーJapanではなく求人数が豊富で経歴が浅い方でも利用できるマイナビエージェントがおすすめです。

<<マイナビエージェントがひどいって本当?若い世代なら利用するべし!>>

30代後半である

30代後半の転職は難しいものであるため、スムーズに行かない可能性があります。

30代後半にもなると企業から求められるスキルであるため、経験・スキルが少なければ転職が難しい=断られたとなります。

しかし年齢に合った経験・スキルが有れば、問題なく利用できるでしょう。

30代後半で転職したい方は資格取得にチャレンジしたり、長期戦になった場合の挑戦・イメージをしてみましょう。

転職を繰り返している

転職自体は悪いことではありませんが、何度も繰り返していると応募先の企業から悪い印象を抱かれます。

短期間で何度も転職を繰り返している=採用してもすぐに辞めてしまう

と思われるのです。

もちろん短期間での転職が多い業界ならばさほど問題はないでしょう。

しかし、短期間で3回もの転職を繰り返していると悪いイメージを抱かれる可能性が高いため注意してください。

取り扱いがない業界・職種

MS-Japanが取り扱っている求人はIT・Web業界、メーカー、営業職、販売サービス職が主です。

もし上記以外の業界・業種であれば求人は少ないため、「紹介できる求人がない」とされて断られてしまいます。

MS-Japanに登録して断られてしまうならば、希望する求人に特化した転職エージェントを利用しましょう。

特化した転職エージェントのほうが希望している求人が多く、スムーズに転職できます。

そのため、断られたときは希望している業界に特化した転職エージェントを利用しましょう。

転職意欲が感じられない

転職エージェントの企業は利用者が採用されて収益を得られます。

利用者が企業に採用しなければ利益が発生しないため、転職意欲が感じられない方=転職するまで時間がかかると判断され、断られてしまいます。

転職意欲が感じられない方よりも、転職したいと意気込んでる方のほうが企業にとって利益になるため、転職意欲が感じられない方が断られるのは当然のことです。

転職意欲が感じられないと判断されないためにも、登録時は転職意欲をしっかりとアピールしましょう。

MS-Japanに断られた場合の対処法は2つ

MS-Japanに断られた方は2つの対処法があり、具体的には以下のとおりです。

  • すぐに転職したい方は他の転職エージェントを利用する
  • 経験を積むまたは資格を取得する

すぐに転職をしたい方は前者、時間がある方は後者となります。

それぞれの対処法を詳しく見てみましょう。

すぐに転職したい方は他の転職エージェントを利用する

すぐに転職したい方は他の転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職エージェントはいくつもあり、それぞれ特徴があります。

第二新卒に特化している転職エージェント、フリーター、大学中退者も使えるものなどです。

1つの転職エージェントに執着するのではなく、複数の転職エージェントを利用してみましょう。

併用するのもおすすめです。

先輩行員
当ブログで最も人気度が高いのはマイナビ金融エージェントです!

<<マイナビ金融エージェントの記事はこちら>>

経験を積むまたは資格を取得する

多少時間をかかっても問題がない方は、経験を積むまたは資格を習得しましょう。

未経験お断りの業界がある場合は、その業界の資格を取得するのがおすすめです。

中には取得必須な資格もあるため、資格を所有していれば非常に強い武器となります。

もちろん最も強い武器となるのは実績ですが、実績を積むのが難しい方は資格取得をしましょう。

先輩行員
例えば中小企業診断士・税理士以外の資格にもWeb検定などの資格もありますよ!

MS-Japanの口コミ・評判

MS-Japanの良い口コミ・悪い口コミを知れば、利用するかどうかの判断材料となります。

それぞれの口コミを見てみましょう。

利用者の良い口コミ:親身になって話を聞いてくれる

親身になって話を聞いてくれる転職エージェントは、利用者にとってとても安心できます。

ただでさえ転職は不安を抱えるものですが、転職エージェントがしっかりと話を聞いてくれる親身な方であれば、安心して利用できるでしょう。

求人数は重要ですが、担当者が親身になってくれるかも重要です。

その点MS-Japanは、親身になってくれるため安心して利用できます。

利用者の悪い口コミ:担当者の方の知識がない

担当者の方の知識がないと希望している求人が紹介されず、その業界の流れも理解していないため、スムーズな転職は難しくなります。

転職するにあたって、希望先の業界がどのような人材を求めているのかといった情報は非常に重要です。

Ms-Japanのエージェントは知識がないと批判されているのは事実ですが、エージェントといってもたくさんの担当者がいます。

そのため相性の問題もあるのです。

もし担当者の知識がない、合わないとなれば、担当者を交換してもらいましょう。

利用する転職エージェント自体を変えてしまうのも有効な手段です。

 断られた方はMS-Japan以外の転職エージェントを利用しよう

断られた方は他の転職エージェントを利用しましょう。

MSーJapanに固執するのではなく、他の転職エージェントを利用したほうが転職までの時間が短くなります。

希望している業界に特化した転職エージェントを利用したほうが良い場合もあります。

本サイトでは、転職エージェントを紹介していますのでぜひ見てみてください。

 まとめ

この記事をおさらいすると以下の通りです。

  • Ms-Japanに断られても問題なし
  • 断られた場合は他の転職エージェントを利用するのがベスト
  • 転職エージェントを併用すると転職がスムーズに行く

MSーJapanは悪い評判があるものの、優秀な転職エージェントです。

断られた場合は他の転職エージェントを利用してみてください。

併用するor他の転職エージェントを利用することで、転職がスムーズに行くでしょう。

-転職

Copyright© Banker's.Hack , 2022 All Rights Reserved.