ライティング

銀行員が食っていける副業は「ライティング」|副業に「ライティング」をおすすめする3つの理由

  1. HOME >
  2. ライティング >

銀行員が食っていける副業は「ライティング」|副業に「ライティング」をおすすめする3つの理由

こんにちは、元メガバンク行員で現在はライターの小林(@ko8ya4)です。
小林
新人行員
実は、銀行員で副業を考えているのですが何がおすすめ?
銀行の経験を活かすなら、専門記事が書けるライターになるのがおすすめだよ!
小林

銀行員が食っていける副業はライティング

ついに銀行でも副業解禁の流れが広まってきている。

2021/1月の日本経済新聞の記事によれば、金融機関の副業は6.4%とまだまだ他業種と比べ小規模ながら、少しずつ副業解禁の流れが押し寄せている。

副業解禁の流れは止まることなく、今後も広まっていく可能性は高い。

では、銀行員の強みが活きる副業ってなんなのだろうか?

結論、ライティングがオススメです。

<<そもそも銀行員って副業できるの?と思った方は以下の記事もおすすめです>>

【2021年9月最新】銀行員(メガバンク )は副業禁止!それでもすすめたい副業5選

こんにちは、元メガバンク行員で現在はライターの小林(@ko8ya4)です。小林 新人行員銀行員なのですが、副業ってできるの? 結論、皆さんが思っているような副業は原則禁止です。しかし抜け道もあるので今 ...

続きを見る

そもそもライティングって何?

ライティングとは、今皆さんが目にしているウェブメディア(ブログ含む)や企業のホームページ、そして商品のレビュー等の記事を請け負う業務のことです。

「えっそれだけで金になるの?」と思った人もいるかもしれませんが、実は...これだけで稼げてしまうんです。

実際多くのフリーランスや副業者が利用する大手サイトLancer'sではライティング案件がゴロゴロ転がっています。

何故こうした案件が転がっているかというと、ライティングを外注してでも元請けは儲かる算段があるからです。

メディアのPV数(ページを見られる回数)が高ければ高いほど、メディア運営者は僕たちに記事を外注した方が費用対効果が高いのです。

だからこそ記事を外注するというビジネスモデルが成り立っています。
小林

なぜライティングが生きるのか?

銀行員は文章を書くのに慣れている

銀行員がライティングに強いのは、文章を書くのに慣れているからです。

例えば、銀行では貸金を打つ際には必ずといって良いほど稟議を書きますよね。

一つの貸金を打つために案件を構築し、審査部に伝わりやすいようにまとめるあの稟議書のノウハウはライティングの役に立ちます。

記載する内容こそ違うものの、稟議書もライティングも構成に型があるのは同じだからというのが理由です

実は僕らが思っているよりも、わかりやすく構成立てて文章を書ける人って多くはないみたいです。

ライティングに必要になるスキルは主に2つです。

  • 順序立てて人にわかりやすい構成を考えるスキル
  • 実際に文字にして伝えるスキル

このスキルが既に銀行業の中で身についている銀行員は、難なくライティングの世界で活躍することができます。

新人行員
銀行員ならではのスキルなんだね!

金融に詳しいことが強みになる

新人行員
「金」に詳しい人ってどれだけいるんだろう?

銀行員は金融に詳しそうという世間のイメージが強みになります。

世間から見た銀行員のイメージは以下の通りです。

  • 真面目
  • 仕事をきっちりとこなす
  • 期限を守る
  • 金融に詳しい

こうしたポジティブイメージは、実は転職を検討する際にも役に立ちます。

この中でも特に「金融に詳しい」というイメージを持ってもらえるのがポイントです。

実は、ライティングの案件には1文字あたりの単価という考え方があり、専門性が高くなる記事ほど単価が高くなる傾向があります。

初心者であれば、1文字あたり0.5円〜1.5円が相場になってくるが、金融記事(例えばクレジットカード比較・投資・融資制度)については単価が高く、中には3円を超えてくるような案件も転がっている。

ぶっちゃけこうした記事は調べればわかることが多いので、金融についてさほど詳しくない素人でも案件は書けます。

しかし、クライアントの立場からすると少しでも専門性が高そうな人に記事を依頼したいというのが本音です。

ライティングにおいては、どれだけ1文字あたりの単価を上げるかで悪戦苦闘しますが、「銀行員は金融のスペシャリスト」というイメージを持ってもらえるだけでこのネックが解消できるのは、大きな強みといえます。

<<実際ライティングでいくら稼げるの?と思った方は以下の記事がおすすめです>>

将来個人で食っていくことが可能になる。

銀行員の強みは、営業力ソリューション提案力にあります。

そのため、銀行員▷コンサルタントというジョブチェンジをする転職者も事実多いのです。

銀行員が個人で食うに困らない最強の戦略は、コンサル×WEB制作コンサル×WEBマーケです

ここまでくると、痒いところに手が届く最強のコンサルタントになれます。

しかし、忘れてならないことは、WEB制作にもWEBマーケティングにも文章力は付いて回るということです。

記事を読み始めた人が、最後まで読んでくれるようなライティングができるようになって初めて文章力がついたといえます。

だからこそライティングで基礎力をつけることが重要なのです。

しかし、いくら稟議が書けるからといって、あれをそのままWEBメディアに落とし込んでも話になりません。
小林

WEBにおいては、読み始めた読者が離脱せずに最後まで記事を読んでくれるが文章力が必要とされます。

もちろん稟議のような硬い文章をそのまま書いても誰も読みたくないので、実践を繰り返しながらライティングスキルを向上させていく必要があります。

早速登録してみよう

なぜ銀行員にとってライティングこそが最強の副業なのかを記載してきましたが、一つ銀行員には欠点があります

それは、重要度が高く、優先度が低いことは後回しにする性質が銀行員にあることです。

常に膨大なTo Do、期限に追われている銀行員は、期限が定まっていないことは基本後回しになってしまいます。

そこで今胸に手を当てて考えてみて欲しいのです。

副業でライティングを始めるという決断はどのような位置付けにあるでしょうか。

間違いなく、重要だが優先度が低いことです。

だからこそ、ランサーズに登録だけでもしておいて、いつでもできる準備を進めておくことをおすすめします。

まとめ:副業をするなら役に立つものを

銀行員の実質的な定年が早いことは周知の事実です。

今、何をするかでその後のキャリアを自分で選べるようになります。

せっかく副業をするのなら、今のキャリアが役に立ち、今後役に立つような副業を選んでみましょう。

<<銀行員ってしんどい...と思っているあなたはこちらもおすすめです>>

銀行員をやめたいと思ったら?みんなのやめたい理由7選とその対策を徹底解説

こんにちは、元メガバンク行員で現在はフリーランスの小林(@ko8ya4)です。小林 新人行員銀行員なのですが、銀行が辛いです...辞めたい。 銀行を辞めたいっていうのはわりとみんなが思っていることなん ...

続きを見る

-ライティング

Copyright© Banker's.Hack , 2021 All Rights Reserved.